Happy Jewel.N

もう治らないと諦めそうになった時の駆け込み施術院

*

慢性頭痛の原因を説明します!必ず痛みには原因があります。

      2016/08/29

images (63)

皆さん、こんにちは!

日本初、体質改善する骨格・姿勢のアートデザイナーの桂島昇です。

本業は、カイロプラクティックの施術院を開業しています。

仕事の内容は、クライアント様を施術する事です。

専門は、肩こり、腰痛、頭痛(慢性頭痛・偏頭痛)、めまい、膝痛、捻挫、首痛、手首・足首の痛み、姿勢矯正、猫背矯正、側湾症、交通事故後遺症、体質改善、ムチウチ、ヘルニアなど。

※痛みには、必ず原因があります。

もう治らないと、諦めないでください。

偏頭痛お悩みの方いらっしゃいませんか?

 

慢性的偏頭痛が毎日で、普通(マヒ)になっている人も多いと思います。

でも、頭痛は、日常的無いものです。

頭痛について・・・。

頭痛(ずつう)とは、頭部感じる痛みのうち、表面痛でなく内部からくるもの。

頭痛とは、様々なタイプの痛みを含んだ幅の広い症状的な概念です。

日常的に、ありふれた症状である一方、これを主症状とする致命的疾患もあり、他方で原因が特定できないことも多いという、症候学的に、非常に重要症状です。

皆さんは、日常的頭痛がおきて、慢性的になっていませんか?

慢性頭痛について・・・。

脳自体は異常なし、問診が診断の決め手。

慢性頭痛にもいくつかのタイプがあり、それぞれ痛み方対処方法治療方法が異なります。

また、一種類の頭痛だけでなく、複数のタイプの頭痛混合型の場合もあります。

①偏頭痛
②緊張型頭痛
③群発頭痛

が主な慢性頭痛のタイプになります。

 

また、肩こりからくる頭痛眼精疲労からくる頭痛があります。

心労からくる慢性頭痛を訴えるクライアント様も最近は、増えております。

僕の治療院では、首の骨の中を通っている、堆骨動脈圧迫が無いか?首の部分筋肉の緊張が無いか?血流の状態はどうなのか?

 

クライアント様の肩から上の骨や筋肉の検査を充分にして、頭痛治療をします。

治療後すぐに、頭痛が改善されるクライアント様もおります。

市販の頭痛薬等で、一時的に緩和しても、根本的慢性頭痛の改善には繋がりません。

 

そうは言っても、頭痛の人は、慢性的に辛いので生活に支障が出るので、一時的なのは分かっていても、飲んでしまうのが現状ではないでしょうか?

頭痛が無くなれば頭痛薬飲みませんよね? 副作用もあるし・・・。

 

でなければ、頭痛の人は、一生涯、頭痛薬飲み続ける事になりますからね・・・。

頭痛根本原因知ることで、体質改善をすれば、必ず症状は改善されるはずです。

何故なら、生まれたばかりで、頭痛をもった赤ちゃんはいないのだから・・・。

皆さんも、思い出してください!

いつ頃(何歳?)から、頭痛なんですか?

痛みには、必ず原因があります。

慢性頭痛・偏頭痛にも原因があるはずです。

ちゃんと治療すれば、頭痛も良くなりますからあきらめないで!

 - itami

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

生理痛の緩和にツボを押す女性の理由とは!?

  こんにちは。 桂島昇です。 生理痛でお困りの方が多いと思います。 …

ある人が交通事故の後遺症を克服した理由とは?(動画あり)

  こんにちは。 桂島昇です。 今回は、後遺症のブログです。 交通事故 …

慢性頭痛の原因を知って予防するには!?

  こんにちは。 桂島昇です。 今回は、頭痛のブログです。 今すぐ慢性 …

膝や足首や関節が痛い!歩いて予防できる方法とは!?

  こんにちは。 桂島昇です。 今回は、関節痛のブログです。 寒暖の差 …

肩こりになりやすい生活習慣とは?

皆さん、こんにちは! 日本初、体質改善する、骨格・姿勢のアートデザイナーの桂島昇 …

あなたは大丈夫?今からでも遅くない花粉症対策!!防げない花粉を体質で改善!

  こんにちは。 桂島昇です。 そろそろ、花粉症の季節ですが、お困りの …

自分の体に「ぎっくり腰」をおこさせない秘訣とは?

  こんにちは。 桂島昇です。 今回は、ぎっくり腰のブログです。 最近 …

手のしびれや痛み!自分で悪化させていませんか!?

  こんにちは。 桂島昇です。 手がしびれるなどの症状に困っていません …

変形性関節症の人必見!痛みの原因を説明します!

皆さん、こんにちは! 日本初、体質改善する骨格・姿勢のアーティストの桂島昇です! …

普通に歩いていても捻挫をする時とは?

  こんにちは。 桂島昇です。 今回は、捻挫のブログです。 何故なら、 …