悪い姿勢はいったい誰のせい?姿勢に自信もてますか?

悪い姿勢はいったい誰のせい?姿勢に自信もてますか?

こんにちは。

桂島昇です。

僕の仕事は、東京練馬でカイロプラクティック・オステオパシーの治療院を開業しています。

今回は、「腰痛になりやすい姿勢」についてのブログです。

(姿勢が気になる人は多いと思います)


姿勢が悪いと内臓も下がってきて、「ぽっこりお腹」になっちゃいます!

(胃下垂なども良い例です)

「腰痛」は、日本人の国民病とも呼ばれています。

(日本人にとても多いんですね)

また、人間が4足歩行から2足歩行になってから「腰痛」に悩まされているとも・・・。

患者様からこう言うことをよく聴きます・・・。

「腰痛」になってから、その原因を思い返すと、『あの動きが……』『あの姿勢が……』『スポーツが…』と、なんとなくですが簡単に思い当たる節があるのではないでしょうか?

ちょっと気をつけていれば防げたものを、一瞬の気の緩みから、長く続く「腰痛」に悩まされることになってしまうのです・・・。

(骨格・姿勢ってすごく大切なんです)

姿勢について・・・。

《姿勢が悪くなる体勢とは?》

【立ち仕事】

工場などのライン製造など、その場に立ったままであまり動かないで長時間作業する人は、立っているだけでも筋肉が疲労してしまい、骨と骨のクッションの働きをする椎間板にも負担がかかるので、腰痛が起こりやすくなっています。

【座り仕事】

立っている姿勢より、座っている姿勢の方が楽に見えますが、座りっぱなしの体勢は立ちっぱなしよりも椎間板にかかる負担が大きくなり、座っている姿勢がやはり「腰痛」を起こしやすい体勢になっています。

トラック運転手やタクシー運転手などに、腰痛の人が多いことでもお分かりのように、長時間同じ姿勢で座ったままの体勢は負担がかかり、とても「腰痛」になりやすいと言えます。

立ちっぱなしよりも要注意ですね・・・。

腰椎の湾曲が座る姿勢だと逆になってしまいます。

パソコンの入力作業などで、同じ姿勢で長時間デスクに向うことも、体勢的に腰痛になりやすいと言えますね。

同じ長時間、同じ姿勢で座るにしても、姿勢正しく座っていれば問題ないと思っている人もいるようですが・・・。

「長時間の悪い姿勢ってきついですよね・・・。」


腰に負担をかけないように座ることの出来るグッズなども数多く販売されていますが、姿勢も大切ですが腰痛にとってネックになるのはやはり、『長時間同じ姿勢で座っている』と言うことなんです。

同じ姿勢を長時間続けると言うことは、限られた筋肉や骨格に負荷が継続的にかかると言うことですから・・・。

同じ姿勢に気をつけてくださいね。

姿勢が悪くなり、骨と骨の間にあるクッションの役割の椎間板がつぶれると、ヘルニアになりかねませんね。

注意が必要です!

痛みの原因は、骨格の歪みからくる神経圧迫が原因です。


東京練馬の骨盤矯正・姿勢矯正の専門の治療院はこちら

「痛みには必ず原因があります」

姿勢を良くするには、まず、土台である骨盤から良くしましょう!

ではまた。


日々の健康に関する情報を無料で配信しています!

2015-03-02 23.16.27

メルマガ登録はコチラ!



カイロの治療院を開院しています。

以前は、高齢者福祉施設のケアマネジャーをしていました。
仕事柄、「腰痛・肩こり」に悩んでいました。
整形外科、接骨院、鍼灸、マッサージ、整体、色々通いました。
しかし、症状は悪化するばかりでした・・・。誰に聞いても原因不明。
「治療は受けているのに何故、症状が改善しないのだろう?」と不思議に思っていました。
米国の予防医学を推奨するカイロの治療院へ行きました。
そうすると、酷い「肩こり・腰痛」がウソのように【完治】したのです。
自分の体験から、「もう治らないと諦めている患者様の力になりたい!」と思い、カイロの治療院を始めました。

もう治らないと諦める前に「Happy Jewel.N」